小児歯科

おとなとこどものむし歯のちがい

 

乳歯から永久歯に生えかわったばかりの小児の歯は、エナメル質が柔らかいため、むし歯ができると大人のむし歯よりも早いスピードで進行していきます。そのため、できるだけ早くにむし歯を見つけて治療することが必要です。早期の小さなむし歯であれば、フッ素塗布や唾液の分泌などで、再石灰化も望めます。削ることなくむし歯の進行をおさえることができるのです。

 

  

歯の生え変わりに大切なこと

 

乳歯が抜けるころになると、まず6歳臼歯という永久歯が生えてきます。これは乳歯が抜けることなく、歯列のいちばん後ろに生えてくるので、親も気づきにくいものです。6歳臼歯が歯茎から頭を出して生えきるまで約2ヶ月かかりますが、歯と歯茎の間に汚れがたまり、生えきった時にはすでにむし歯になっている、ということもあります。どの永久歯も生えかけは要注意。出てきたばかりの歯をむし歯にしないためにも、定期的な検診で、お掃除とフッ素塗布をしていきましょう。

  

 

小児の予防歯科

 

小児の予防歯科では、お掃除とフッ素塗布が中心となります。当院のフッ素塗布は、既成のマウスピースを使ったイオン導入機で行います。これは、通常の塗布の1.6倍の浸透効果が望めるものです。使用は診察台ではなく、フッ素コーナーで行います。いちどに6名まで使用できるコーナーですから、まわりには同じようにマウスピースを噛んでいるお友達もいて、どの子も安心して使用できる機器です。

 

 

保育士資格を持つスタッフが在席

 

クリニックには、保育士資格を持つスタッフが常時在席しています。お母さんが治療を受けている間や兄弟の治療にお母さんが付き添う間、乳幼児を安心して保育士に預けていただけます。

 190521_123825-min.jpg

 

 

幼児の歯並びについて

 

お子さんの歯で相談が多いことのひとつに、歯並びがあります。タクミ歯科医院においては、永久歯が生えそろう前の幼児の時期では、まず土台を広げることに注目しています。できるだけ歯ごたえのある物を食べさせ、顎を使うように工夫することにより、歯が生える土台を育てることができます。歯ごたえのある物=硬い物ということではありません。たとえば、たまご焼きにネギを入れて歯ごたえがあるようにしたり、カレーの具も少し大きめにカットすることで、噛む回数が増えます。顎が動くことで、歯が並ぶ土台が成長するだけでなく、脳の血流も増えて精神的に落ち着いた子になるともいわれています。食事の工夫で改善されることもありますので、詳しくお聞きになりたい方はぜひご相談ください。

 

→矯正についてはこちらをご覧ください

 

こどもの歯を守るのは大人

 

お子さんの歯を健康に保つために一番大切なことは、周りのおとな達の配慮です。味覚が確立すると言われる3歳までは、できるだけ甘いお菓子を与え過ぎないように工夫してあげてください。ジュースやスポーツドリンクも糖分が多く、口内を酸性にするためむし歯になりやすい飲み物です。おうちにチョコレートやジュースが常備してあると、幼児の時期から甘い物に慣れ親しんでしまいます。また、定期的にお掃除やフッ素塗布に通うことで、口内の小さな変化にも早期に気づくことができます。歯医者さんは怖い場所ではなく、きれいなお口になれる場所だとお子さんが思えることが、むし歯に悩むことがない大人になれる近道です。

  

 

よくある質問

こどものむし歯を早く見つけるために必要なことは?

虫歯になる前の歯の変化や、むし歯になりやすい6歳臼歯に気づくためにも、歯科衛生士による定期的な予防ケアをおすすめします。お口の掃除やフッ素塗布などは痛くなく、お子さんも歯医者に通うことが楽しくなるような工夫も心がけています。

  

治療を嫌がったり、泣いたりしたらどうなりますか?

まず、これからどんなことをするのか、というお話しをお子さんの目線でお話しします。使用する器具を見せたり、鏡を見て説明しながら治療をしていきます。それでも泣いて治療が難しい場合は、急を要しない限り「次にまた会おうね」と約束をして、次回の予約をお願いし、ゆっくりとクリニックに慣れることからしていきましょう。