インプラント

インプラントとは

 

インプラントは人工歯根というもので、歯を失ってしまった部分の骨にネジを埋め込み、そのネジを土台として人工の歯を装着する治療法です。

 

 

インプラント治療のメリット

 

歯を失うと、そこに部分的に義歯を作ったり、両隣の歯を支えとしてブリッジを作ったりという治療法がありますが、どちらも健康な歯を削る必要がある治療法です。また、健康な歯と義歯、ブリッジの小さなすき間から菌が入り込み、むし歯や歯周病となる可能性もあります。インプラントは、その歯だけの治療となりますから、健康な歯を削る必要がありません。審美的にも機能的にも、自分の歯と同様な仕上がりが期待できる治療法です。

 

 

インプラント治療の前に必要なこと

 

インプラント治療を行う前には、むし歯や歯周病を治す必要があります。口腔内に菌が多いと、インプラント手術を行うことはできません。そのため、治療をはじめるまでに時間が必要となります。また、糖尿病、骨粗しょう症などの患者さんは、インプラントの定着がよくないこともあります。血をさらさらにする、抗凝固剤などのお薬を服用されている方も注意が必要です。そのため、インプラント手術を行う前には、念入りなカウンセリングと細やかな検査が必要となります。

 

 

インプラント治療の流れ  

 

  1. カウンセリング

    口腔内の検査とともに、骨のCT撮影などのレントゲン撮影と、念入りなカウンセリングを行いながら治療プランをたてます。

     

  2. 一次手術

    粘膜を切り、 その下の骨にインプラントを埋め込んだ後、粘膜を閉じます。むし歯治療のように局部麻酔を行うため、手術中は少し振動を感じる程度で、痛みはなく処置することができます。その後、インプラントと骨が結合するのを待ちます。

     

  3. 二次手術

    インプラントと骨の結合期間を経てから、歯肉を少し切開し、大きな蓋をインプラントにはめこみます。一次と二次を同時に行う方法もありますが、骨結合や細菌感染の可能性を考えると2回法を推奨しています。

     

  4. 歯の装着

大きな蓋を外し、支柱を立てて仮歯を入れます。咬み合わせや形態装着感を確認しながら、本歯を作成して取り付けます。

 

 インプラント治療で大切なこと

 

インプラント治療を行う中で大切なことは、カウンセリングや綿密な検査、行き届いた技術や滅菌への配慮だけではありません。それは、「インプラントを長持ちさせるためのメンテナンス」であると考えています。そのためには、毎日の歯磨きと定期的な検査が不可欠です。歯科衛生士による口腔内のお手入れ、インプラントの定期検診を受けて、できるだけ長く使用できるようにしましょう。タクミ歯科医院でインプラント治療を受けた患者さんの中には、20年以上よい状態で過ごしている方もいらっしゃいます。定期的にメンテナンスを受けて、ぜひインプラントを大切に使ってください。

 

 

日本口腔インプラント学会の研修を受けています

 

タクミ歯科医院では、厚労省認可の日本口腔インプラント学会の研修を受けた専門医が、インプラント治療を行っています。信頼のある治療実績や多くの技術を得るための研修に参加している歯科医師が、インプラント手術を担当します。常に新しい知識取得に努力していますので、安心してご相談ください。

 

→日本口腔インプラント学会のサイトはこちら